保護者に信頼感を持たれるベビーシッターに

大人と接する時間が長く、ほかの子供との交流が少ないというのも、ベビーシッター保育の特徴です。


1歳を過ぎると子供はほかの子供に、興味を示し始めます。2歳になれば自己主張がぶつかり合う中で、少しずつ友達との関係を学び始めます。



この年齢になれば時には公園などへ出かけて、ほかの子供と触れ合う機会を作ってあげることも必要になってきます。3歳を過ぎれば大多数の子供は、保育所や幼稚園に通い友達と遊ぶ経験を通じて、社会性を培う機会を得ます。この場合ベビーシッターは、集団生活と家庭生活をつなぐ役割を果たします。



このほか保護者の中には、ベビーシッターに対して使用人感覚で接する場合があります。

施設保育の保育者は、先生と呼ばれるのに家庭に入って保育をするということで、使用人扱いをされることはベビーシッターにとっても勤労意欲をそがれることにつながりますし、子供にとっても良い環境を与えません。

保護者の意識を改革するとともに、シッター自身の資質をさらに高めることが必要になってきます。


また家庭によっては、自宅にベビーシッターを入れることに抵抗を感じることもあります。

確かに鍵を渡して子供を預けるということは、よほどシッターおよび所属会社と信頼関係がなければできないことです。

部屋に鍵がかからないために、プライバシーをのぞかれる恐れを感じるケースも、あることでしょう。



保護者から安心して鍵を預けてもらうためには、プライバシーを守るということに対する絶対的な信頼感を持たれる、シッターであることが必要とされます。

ベビーシッターの関連情報

子供好きなら誰でも憧れる職業に保育士や幼稚園教諭、ベビーシッターなどがあります。保育士や幼稚園教諭とは違いベビーシッターには専門学校や大学を出ていなくても資格を取る事が出来ます。...

more

ベビーシッターのためになる情報

認可保育所のような施設型の保育では、1年間あるいはそれ以上の期間において子供と接することになるため、しつけや教育という面での責任は重要であり、これがその責任のほとんどであるといえます。もちろんベビーシッターも、この点は十分に責任感を持って業務に当たらなければなりませんが、業務の特性からすればまず範囲や種類を確認する必要が出てきます。...

more

ベビーシッターの補足説明

ベビーシッターは日本の子育て需要に対して多いに貢献することが出来ると期待される分野になります。現在は男性も女性も外に出て社会で働く時代ではありますが、社会インフラが現代の社会事情にまだ追いついていないというのが実情があり、保育園は特に大都市圏では足りていない状況です。...

more

ベビーシッターについて思うこと

保育施設の数が限られている現在の日本では、ベビーシッターを利用する保護者が益々増えています。そのため、ベビーシッターを派遣する会社は年々増えており、中には家事も行ってくれたり、音楽や語学を教えてくれるシッターさんもいるので、習い事に通わせる手間が省けるというメリットもあります。...

more